DAINICHI情報セキュリティ
基本方針

DAINICHI情報セキュリティ基本理念

大日電子株式会社は、豊かで潤いのある社会や暮らしのインフラストラクチャーづくりを通して、企業の社会的責任に取り組むとの基本理念に基づき、事業の品質向上、環境保全、労働安全衛生の改善、情報セキュリティ管理を企業の目的として活動を続けています。

当社は、コスト削減や業務効率の向上を図るにはITは欠かせないツールであり、そのITの活用において、情報セキュリティの確保が重要課題の一つであると考えます。
この方針は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を適切に構築し、継続的で有効性のある運用を確保するために、次の事項を推進します。

DAINICHI情報セキュリティ基本方針

  • 情報資産の機密性、完全性、可用性を確実に保持するため、予防並びに是正に務め、組織的、技術的に適切な管理策を策定し、実施します。
  • この基本方針を具体的に実行するため、情報セキュリティ目標を設定し、その達成のめの活動を行い、情報セキュリティ委員会で検証を行います。
  • 関連する法規制要求事項及び契約上のセキュリティ事項を順守します。
  • 経営層及び従業員は情報セキュリティの重要性を認識するように、教育・訓練を開催し、高いモラル意識を持って作業に従事いたします。
  • この「情報セキュリティ基本方針」及び関連する諸規制、管理体制の評価、見直しを定期的に行うことで、情報セキュリティを運営管理する仕組みの継続的な改善を図ります。
  • 情報セキュリティ基本方針は、文書により従業員に周知させ、社外にも公開します。

2022年1月16日
大日電子株式会社
代表取締役社長 吉森 直紀