会社沿革

資本金 建  屋 認  証 設  備
1985年
(昭和60年)
4月 資本金1,000万円で営業開始。 尼崎市口田中字野上170-14にて、大日電子株式会社を設立。
1987年
(昭和62年)
11月 尼崎市西長洲東通3丁目10-7に本社を移転。
1989年
(平成元年)
11月 兵庫県氷上郡氷上町に氷上工場を新設。
12月 資本金2,000万円に増資。
1991年
(平成3年)
4月 尼崎市大物町に大物工場を新設。
8月 尼崎市開明町に阪神工場を新設。
1994年
(平成6年)
4月 尼崎市西長洲町に尼崎工場を新設し、大物工場と阪神工場を統合。
1995年
(平成7年)
1月 尼崎第2工場を新設。
自動装着機 (#1、#2ライン) を導入。
1996年
(平成8年)
1月 氷上工場B棟増設。(クリーンルーム) 自動装着機を移設し、新たに1台導入。 (#3ライン)
4月 資本金4,000万円に増資。
1997年
(平成9年)
2月 自動装着機を2台追加。 (#4、#5ライン)
6月 尼崎市西長洲町2丁目5-1に尼崎工場を移転。
11月 NTT品質システム NQAS認証取得。
1998年
(平成10年)
9月 自動装着機を1台追加。 (#6ライン)
12月 尼崎市金楽寺町に金楽寺工場を新設。
1999年
(平成11年)
3月 自動装着機を1台追加。 (#7ライン)
7月 ISO9002認証取得。(登録番JQA-QM3517)
12月 資本金6,000万円に増資。
2000年
(平成12年)
1月 自動装着機(4号機、7号機)高速機2台を増設。(ダンデム化実施)
4月 兵庫県阪神県民局「阪神モノづくり リーディングカンパニー100」に認証。
5月 氷上工場C棟増設。 自動装着機2ラインを移設。
7月 自動装着機を1台追加。 (#8ライン)
12月 自動自装機(ダンデムライン)1台追加。(#9ライン)
2001年
(平成13年)
1月 氷上工場D棟増設。
2002年
(平成14年)
3月 ISO9001:2000年版認証取得。 (登録番号JQA-QM3517)
2003年
(平成15年)
4月 自動自装機(モジュラータイプ、Lサイズ対応) 2台追加。(11ライン)
9月 鉛フリー対応N2フローソルダー1台導入。
2004年
(平成16年)
1月 資本金7,900万円に増資。
3月 自動外観検査機VT-WIN II 導入。
2005年
(平成17年)
10月 自動装着機(モジュラータイプ)2ライン更新。
多品種・少量、試作対応の自動装着機 (マイデーター)1ライン更新。
11月 自動外観検査機VT-WIN II #2追加導入。
2006年
(平成18年)
7月 自動装着機(モジュラータイプ)1ライン更新。
自動外観検査機VT-WIN II #3追加導入。
トレーサビリティシステム導入。 鉛フリーN2フローソルダー追加導入。
2007年
(平成19年)
1月 氷上工場ISO14001:2004年版認証取得。 (登録番号JQA-EM5679)
3月 鉛フリー対応自動洗浄機マイクロクリーナーMC4HD-6E-AS33導入。
2008年
(平成20年)
4月 名古屋営業所開設。 自動装置機(モジュラータイプ)#12ラインを増設。
5月 自動外観検査機VT-WIN II #4追加導入。
9月 基板設計CADシステムCR5000導入、アレグロ導入。
2009年
(平
21年)
11月 自動装置機(モジュラータイプ) #3ライン更新。
12月 資本金9,835万円に増資。 自動装置機#12ラインにCM101を増設。
2010年
(平成22年)
1月 自動装着機#5ラインにCM602を増設。 自動外観検査機VT-WINⅡ#5設置。
2010年
(平成22年)
9月 自動装着機#13ライン増設。
10月 自動外観検査装置VT-WINⅡ#6増設。
2011年
(平成23年)
2月 尼崎工場にポイントフローN2自動はんだ付け装置設置。
5月 A棟 大型加湿機設置。 氷上工場A棟 新トレーサビリティシステム開発・導入。
8月 自動装着機#14ライン増設。 自動外観検査装置VT-WINⅡ#7増設。
10月 A棟 ESD体制監査適合性確認。 (RCJS-5-1(IEC61340-5-1/2含む))
11月 B棟 大型加湿機設置。
12月 ISO/TS16949 2009年版 認証取得。
2012年
(平成24年)
4月 氷上工業団地内第二工場用地(第二駐車場)取得。
7月 B棟 ESD体制監査適合性確認。(RCJS-5-1(IEC61340-5-1/2含む))
9月 D棟 大型加湿機設置。
10月 #1除く全ラインにクリーナー設置。
#2,3,5,6,7,8,9,12,13,14ラインAOIインライン化終了。#13 ICT インライン化終了。
全A棟、B棟、D棟全自装室 防塵(エアシャワー、二重扉、クリーナ設置、室内有圧化)静電対策完了。
11月 D棟 ESD体制監査適合性確認。(RCJS-5-1(IEC61340-5-1含む)) 氷上工場B棟 A棟に引続き新トレーサビリティシステム導入。
2013年
(平成25年)
8月 自動装着機#15ライン増設。
自動外観検査装置VT-WINⅡ #8増設。
A棟 大型加湿機設備増設。 導入台数計8台。
新トレーサビリティーシステム導入。 導入台数計14ライン。
10月 氷上工場A棟910㎡増築。 (自装機3ライン増設可能)
11月 PFSC社製最新型NPMを導入した、 新#1自装機ラインを設置。
2014年
(平成26年)
3月 NPMを導入した、#16自装機ラインを増設。
併せて全16ラインのAOIインライン設置完了。
6月 NPMを導入した、#17自装機ラインを増設。
9月 氷上工場B棟#9自装機ラインの高速機CM88S2台を撤去しNPMに置換え。
12月 尼崎本社工場6階建竣工。
1F 駐車場(津波対策)、 2F~6F スペース  1236㎡×5=6180㎡
2F クリーンルームエリア ( ISO クラス7)
3F 自装機ライン増設可能スペースを確保
4F 自装機ライン増設可能スペースを確保
5F 組立・検査ライン
6F 事務所スペース
2015年
(平成27年)
1月 尼崎本社工場3Fに#18自装機ライン設置。 自動外観検査装置VT-S730導入。
3月 氷上工場A棟#17自装機ラインへNPMを1台増設。
2016年
(平成28年)
5月 尼崎本社工場4Fに#19・20自装機ライン増設。
10月 氷上工場に#21自装機ラインを増設。

Copyright (C) 2012 DAINICHI ELECTRONIC CORP. All Rights Reserved.